施工:外壁(各種素材)

M-Clean新築の建物やリフォームした建物の白色系の外壁は、1年程度で汚れが目立ってしまいます。建物の美観が損なわれると、古く見えたり建物価値が下がってしまいますが、光触媒で長期的な美観の維持と公害物質を分解することで、環境と懐に優しい対応が可能です。

M-Clean光触媒加工を施した外壁は、美観を維持するだけではなく、建物を利用される方に与える印象が大きく変ってきます。利用者の満足度を向上させるためにも、光触媒は一役かいます。

例えばこんな場所で利用

ビルや住宅、マンションなどの外壁に光触媒加工をすれば、清掃コストを下げることが出来る他、清掃時の危険作業や環境負荷となる物質の排出を抑えることが出来ます。

M-Clean特に白い壁やベージュ等の薄い色の塗装面、リシンや凹凸のある壁などに多大なる光触媒の性能を発揮します。

外壁以外にも、光触媒は活躍します。例えば、石塔や灯ろう、屋外に設置されている展示物など、常に雨風に曝されているものなどには、汚れ防止として、光触媒が最適です。

M-Cleanその他、住宅周囲に設置されているブロック塀や石材で出来た門柱などの汚れ防止にも高い効果を発揮します。

 

飲食店やホテルなどの建物では、外観の汚れが建物の古さを感じさせてしまい、ご利用されるお客様に優越感を与えることは出来ません。

M-Clean光触媒を塗布することで、長期的な美観の維持とコケや藻が生えるのを防ぐことが出来る様になり、美観の向上とお客様の利用満足度を高めることが出来る様になります。

光触媒施工の流れ

光触媒の施工は、専門の技術者が高圧洗浄・汚れ落しから施工確認まで行います。

ガラス施工の流れ