光触媒の基本

光触媒とは?

  • そもそも触媒とは、それ自身は変化をしないが、他の物質の化学反応 のなかだちとなって、反応の速度を速めたり遅らせたりする物質のことを言います。
  • 触媒には様々なタイプがあり、車のマフラー内に使用されている熱反応によ る触媒やアンモニア合成やアルコールを製造する際の触媒や、油脂に水素添加する際の触媒などがあります。また、生体内にある酵素も一種の触媒となっており ます。
  • 光触媒とは、名前の通り光によって触媒反応を起す物質のことを言います。数種類の光触媒がありますが、中でも一番使用されている光触媒は”二酸化チタン”という白色の粉となっております。

光

  • 光触媒は、有機物を分解して水と二酸化炭素に変えてしまうという人と環境にやさしいテクノロジーです。
  • 光触媒は、病院などで殺菌剤として使用されている次亜塩素酸ナトリウムやオゾンなどより酸化力が高く、光のみで反応を起す次世代環境技術です。
  • 光触媒効果は、抗菌、防汚、有機ガス分解、脱臭、親水性、紫外線反射など様々な用途に使用されています。
  • 病院の手術室に光触媒を塗布したら、室内細菌が減少した報告もあります。
  • 最近問題となっているシックハウス症候群などの原因となる揮発性有機ガスの分解にも効果を発揮しており、建材や壁紙を貼り付ける接着剤などから発生するホルムアルデヒドやトルエン、アセトンなど常温揮発性有機化合ガスに対して、威力を発揮しています。