窓ガラス・透明基材

高所にある窓ガラスの清掃には、多大な人力と電気やガソリンが使用されます。清掃等のメンテナンス回数を減らすことで、地球環境への配慮とコスト削減が出来ます。

窓ガラスの清掃と言っても、その中には様々な要素が含まれており、例えば人の労力以外には、水や洗剤、自動車のガソリン代などの直接費用が掛かるものから、清掃時の危険管理、自動車から出る排気ガス、清掃時の廃液など環境を考えると減らしたほうが良いものが多く排出されています。

高所の窓ガラス掃除と言っても、その作業にはさまざまな要素が含まれます。 人件費や水、洗剤の他、移動手段の自動車代や高所作業車代、それらのガソリン代、清掃作業時のリスク管理費、廃液処理費などかなり多くの費用がかかります。 また、環境を考えると、洗剤の使用量や廃液、排ガスなど削減すべきことがたくさんあります。

光触媒エムクリーンは、こうしたコスト削減や環境対策に役立つ製品です。

例えばこんな場所で利用

ビルや住宅、マンションなどの窓ガラスの外側に光触媒加工をすれば、清掃コストを下げることが出来る他、清掃時の危険作業や環境負荷となる物質の排出を抑えることが出来ます。

特にベランダや通常では手の届かない場所に設置された窓ガラスには、多大なる光触媒の性能を発揮します。

原子力研究所

風呂場にある窓ガラスやホテルのロビー、レストランの窓ガラスなど、景観を楽しむ場所にある窓ガラスが汚れていては美しい景観も台無しです。このような場所では、常に窓ガラスが綺麗な状態でないといけないため、清掃メンテナンスコストがかなりかかってしまいます。

光触媒の超親水性効果によって、常に綺麗な状態を保つことが出来る他、水をかけるだけのメンテナンスなどと簡単に日々の清掃作業が出来る様になります。

温室などのガラス部に塗ることで、ガラス表面に生えるコケや藻を抑えることが出来ます。また、定期的なメンテナンス回数を減らすことが出来るので、コスト削減にも繋がります。

ガラスで出来た屋根や壁部は、清掃時に割れてしまうリスクやコケや藻などによって、温室内の温度調整が出来なくなってしまうリスクを低減させることが出来ます。

光触媒施工の流れ

光触媒の施工は、専門の技術者がガラスの特殊研磨から施工確認まで行います。

タイトルとURLをコピーしました