M-クリーンの特徴

PiAJ(光触媒工業会マーク)をいち早く取得

  • PiAJマークとは、光触媒工業会によってJIS規格を基に「品質と安全性に関する自主規格」と「光触媒製品ガイドライン」に沿って品質を管理さらた製品に表示されるマークであり情報公開されています。 また、このマークを表示することによって消費者がより良い品質と安全性を確保した光触媒製品を適切に選択できるようにし、関連業界の健全な発展及び国民生活の向上に寄与することを目的としております。

光触媒の反応効率がアップ

  • 材料上に緻密な形成膜が作れます。
  • 透明性が高いため、基材の色を生かします。

常温乾燥加工が可能

  • 自然乾燥で材料に密着可能なため、既存設備への塗布が簡単に出来ます。
  • 耐熱性などがない材料への塗布加工や、浸漬加工も可能です。

さまざまな材質に塗布が可能

  • 耐薬品性のない材質などにも塗布することが可能です。

効果が長期的に持続

  • 乾燥した膜は、水に溶解せず、光触媒効果は長期的に持続します。

TOTOとの光触媒技術提携

  • 東陶機器株式会社と光触媒に関する技術提携を行い、幅広い光触媒技術の開発を行っております。

オリジナル商品(OEM製品)の開発委託(

  • オリジナル光触媒液をOEM形式で製造出荷が可能ですので、新たな新規事業、新分野開拓が可能です。