光触媒の分解原理

  • 光の力によって菌や汚れなどを分解することが出来且つ親水性・分解性によるセルフクリーニング効果(自己清掃効果)や抗菌効果、空気浄化効果など室内・室外は問わず使用することが出来るこれからの環境改善商品となっております。
  • 光触媒の原理としては、光が照射されている光触媒表面上に、活性酸素が膜のような状態で存在し、その活性酸素によって空気中に含まれる悪臭や二酸化チタ ン表面に接触した細菌類、タバコの煙に含まれるヤニなど様々な有機物質を酸化させ、水と二酸化炭素に変化させます。

光触媒分解反応原理

  • 光触媒の原理としては、光が照射されている光触媒表面上に、活性酸素が膜のような状態で存在し、その活性酸素によって空気中に含まれる悪臭や二酸化チタン表面に接触した細菌類、タバコの煙に含まれるヤニなど様々な有機物質を酸化させ、水と二酸化炭素に変化させます。
  1. 光触媒の二酸化チタンに光の中の紫外線が当たるとエレクトロンという電子(e-)が活動を活発にして、励起状態となり、ホール(h+)が発生します。
  2. エレクトロンは酸素をスーパーオキサイドイオン(O2-)に、ホールは水を水酸基ラジカル(・OH)に変えます。これらが、活性酸素です。
  3. 活性酸素(スーパーオキサイドイオンと水酸基ラジカル)によって、二酸化チタン表面上の有機物を、強い酸化力によって、有機物を分解してしまいます。
  4. 有機物や有機ガスが二酸化チタン表面に接触すると、スーパーオキサイドイオンや水酸基ラジカルが、有機物を構成している”炭素-酸素結合”や”炭素-水素結合”を切断してしまい、最終的には二酸化炭素と水に変化させてしまいます。
  5. 光触媒の二酸化チタンの場合は、光触媒の半導体金属触媒と言われており、太陽光や蛍光灯から放射される紫外線を使用して空気中の水と酸素から活性酸素を作り出します。
  6. 光触媒の二酸化チタン表面上では、二酸化チタン表面に紫外線を含む光が当っている間は、常に有機物を分解しているので、汚れや悪臭の元を除去することが可能となっています。