安全性

酸化チタンの安全性

  • 光触媒として多く使用されているものは、”二酸化チタン(TiO2)”という不溶性のセラミックです。
  • アメリカでは1968年、日本では1983年に認可され食品添加物として使用されています。
  • 食品の白色着色材や、口紅、UV化粧品、塗料の白色顔料、繊維の白色染色など、一般家庭や各種工業で広く利用されています。

光触媒の原料となる二酸化チタンパウダー

M-クリーンに使用している材料の安全性

  • 各種安全データの取得並びに文献等による調査を行い、全ての製品に対して安全データシートを作成して、ご利用される方の安全が確保出来るようにしております。